過去を見る人・未来を見る人

僕が17で大病をわずらったとき、真っ先に思ったのが「あ、僕は誰の記憶にも残らないまま死ぬんだ」ということでした。 そのインパクトのせいかどうかわかりませんが、僕の中で「誰かの記憶に美しく残りたい」という思いがいまだに強く・・・

僕が17で大病をわずらったとき、真っ先に思ったのが「あ、僕は誰の記憶にも残らないまま死ぬんだ」ということでした。

そのインパクトのせいかどうかわかりませんが、僕の中で「誰かの記憶に美しく残りたい」という思いがいまだに強くあります。著書で出し惜しみゼロなのもそのせい。

それに自分の中の思い出も大切にしたい。

記憶=思い出=過去
とっくに気づいていましたが、僕は未来よりも現在よりも過去にフォーカスを当てて生きている。

でも一方で未来に光を当てて生きている人がいる。
もっと幸せな明日を作るために、いまの決断をしている人がいる。
本当にすごいなぁと思います。

右利きが左利きを羨むように聞こえるかもですが、そうではありません。

思い出になりたいのか?
それとも幸せになりたいのか?

そういう問いだと思っていて、未来を見据えて勇気ある選択をすることは、自分と周りをハッピーにする不可欠な要素だと。

「そっちのジャンルは得意じゃない」で諦めていい領域じゃない。

まだまだ足りない力。
まだまだ足りない覚悟。

前を向いてがんばります。

このページの先頭へ